観光

【冬】地元民がおすすめする観光スポット6選

青森冬のおすすめスポット観光
スポンサーリンク

雪深い冬の青森でも、地元民が楽しむ、憩う、絶景な観光スポットが数多く存在します!

今回はその中でも厳選した6つの観光スポットを紹介します。


▼そのほかの季節はこちらから


▼オススメの宿泊施設はこちらをチェック

スポンサーリンク

冬に花咲く「弘前城雪灯籠まつり」【弘前市】

日本屈指の桜の名所、弘前公園。

冬でも地元民が大勢集まるイベントがあるんです!

その名の通り、まつり期間中には大小様々な雪灯籠や雪像が公園内に200体も作られ、灯りがともされたミニかまくらも幻想的に祭りを盛り上げます。

雪の中にライトアップされたねぷた絵、雪化粧された天守閣、公園周辺の明治大正時代に建てられたハイカラな洋館もライトアップ(弘前エレクトリカルファンタジー)され、白く積もった雪がその美しさを倍増させます。

そしてなんと言っても、「冬に咲くさくらライトアップ」が必見です!

モコモコに着雪した桜の木にピンク色のライトを当てるというシンプルなライトアップですが、春の満開の桜をイメージさせる美しい景色なんです。

外堀に積もった雪がピンクにライトアップされると、桜の花びらが池一面に広がる「花筏(はないかだ)」を見ているようで、春が待ち遠しくなりますよ。

ぜひ春もいらしてくださいね!

大鰐においで「鰐come」【南津軽郡大鰐】

スキーと温泉の町、大鰐町(おおわにまち)にある、日帰り温浴施設「鰐come(わにかむ)」をご紹介します!

開湯800年の歴史をもつ大鰐温泉を男女日替わりの内湯と露天風呂で楽しめます。

東北初お目見えという低温サウナもあり、サウナ付きの方にはおすすめです。

そしてなんと言ってもこの施設、掃除がめちゃくちゃ隅々まで行き渡っていて、スリッパいらず裸足で館内を歩けるのも特徴で、しかも床暖完備なので冬も安心です。

また、あじゃら山系の名水を使用した地ビールや、テレビでも話題の大鰐温泉もやしを使用したラーメンも味わえます。

休憩スペースや館内のフリースペースが広いのでお子様連れでも気楽に訪れることができます。

少しディープな地元民憩いの場所ですが、県外の方も楽しめる施設ですので、ぜひお越しください!


煮込んでもシャキシャキと話題の大鰐温泉もやしをぜひご賞味ください。

夏の煌めきを「立佞武多の館」【五所川原市】

日本有数の夏祭りとして有名なねぶた祭りですが、冬でも迫力のある人形山車を見られる場所があるんです。

青森の三大ねぶた祭りの中でも一番の高さを持つ「立佞武多」を展示している「立佞武多の館」もその一つです。

館の中には大型立佞武多を常時3台も展示しており、併設している「立佞武多製作所」では本物の立佞武多の紙貼り体験や、職人たちの製作作業の見学もできます!

熱く燃える夏祭りの面影を館で感じていただき、次回はぜひ8月の祭り本番にお越しください!

太宰治の生家「斜陽館」【五所川原市金木】

「人間失格」「走れメロス」などの作品を残した文豪、太宰治が生まれ育った豪邸。

いまの価値で7〜8億もの建設費が掛けられたとか、、

青森ヒバやケヤキなどの高級木材を使用されたこの建造物は国の重要文化財にも指定されています。

太宰の残した小説にもこの斜陽館について語られるシーンがあり、作品での登場シーンを回想しながら見学するのもいいですよね。

また、板の間を通って入る展示室となっている蔵には、執筆した初版本、原稿、川端康成への書簡など約300点の資料が展示されています。

太宰が使用したマントや机、直筆の原稿などもあり、生前の太宰を感じられる貴重なスポットとなっています。


まだ読まれていない方はこちらから予習どうぞ。

冬にこそアートを「十和田市現代美術館」【十和田市】

カラフルな水玉模様が特徴の草間彌生の作品や、青森出身の作家、奈良美智をはじめとした国内外の世界的にも有名な作品が数多く展示されている美術館です。

ここは美術館の中だけでなく、道路を挟んだ向かい側の公園にもアート作品が広がります。

フォトジェニックかつ、一緒に撮影できる作品が数多く常設されていますので、記憶だけでなく、旅の記録として持ち帰ることもできます!

カラフルなアート作品に雪が舞い散るコントラスは絶品ですよ!


奈良美智の魅力的な作品を予習してからどうぞ。

初詣の名所「岩木山神社」【弘前市】

例年多くの初詣客で賑わう岩木山(いわきやま)神社。

元旦に行くと、運が良ければすごい久しぶりな地元の友達に遭遇して懐かしい思いができる、地元民にとってはそんな場所でもあります。

現在は岩木山の麓にある神社ですが、1200年以上前に山頂に社殿が創建されたそうです。

創建以来、何度か焼失していますが、最も古い建物は390年も前からあるそうです。

1つの木から幹が5本に分かれた神木「五本杉」や国の重要文化財「楼門」「拝殿」、300年も前に湧き出た伏流水が流れる「手水舎」など見所満載です。

この伏流水、ポリタンクで持ち帰る人もいるほどで軟水でとても美味しいですよ。


岩木山といったら嶽きみ。メロンより甘いらしいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬の青森も見所満載ですよ。

敢えて雪深い季節に、雪が映える街を堪能するのもいいと思います!

ぜひ、冬の青森も観光の目的地にしてみてくださいね。